カンボジア旅日記.1

ラオス~カンボジア陸路の国境越えで厄介な悪徳役人

今回ラオスからカンボジアに陸路で初めて入国したのですが、私はその後2017年までにこの国境を4回利用した経験があります。ただ、この国境は通るたびに毎回何らかのトラブルがある、いわくつきの国境なのです。私など4回も利用したので、こうしたトラブルに対応する術を持っていますが、大した情報を持ち合わせていな…
続きを読む
カンボジア旅日記.1

カンボジア・クラチエの街を紹介、歩いて観光します

無事にカンボジア入国を果たし目指す街はクラチエ、この街はメコン川に沿って築かれた小さな街です。実はクラティエ周辺には100匹以上のイルカ(イラワジイルカ)が生息しているとみられ、近年エコツーリズムブームの影響か、外国人バックパッカーに人気の観光スポットとなっています。ただ、イルカを見ること以外にも、…
続きを読む
カンボジア旅日記.1

旅の日程

  ラオスから陸路で入国した今回のカンボジア滞在記録について簡単な行程を紹介します。   【旅の時期:2013年4月6日~4月29日】 4月6日 ドンデット(ラオス)→クラティエ Santepheap Hotel(泊) 4月7日~10日 クラティエ Santepheap Hote…
続きを読む
東南アジア旅日記

ラオス南部旅日記:全5記事

昨今バックパッカーに大人気の国ラオス。近隣のアジア諸国と比べ開発はやや遅れているためか、街も人も景色も素朴な様子が魅力となり、私たちバックパッカーのツボにはまるのでしょうか。私もこの国が好きで、2012年以降は年に2~3回のペースで訪れています。今回はラオス南部を重点的に旅行をしました。チャンパーサ…
続きを読む
ラオス南部旅日記

世界遺産のお膝元チャンパーサックの街まで行くのは簡単

ラオス南部の街チャムパーサック(チャンパーサック)には世界文化遺産に指定された壮大な遺跡群があります。その名は「ワットプー」、現在のカンボジアの主要民族・クメール人により建立されたヒンドゥー寺院です。このワットプーを目指すため、メコン川に面した田舎町チャムパーサックに滞在することにしました。 &nb…
続きを読む
ラオス南部旅日記

ラオスの世界遺産ワットプー(チャンパーサック)を巡る

ラオス国内にはユネスコ世界文化遺産に指定された街・遺跡群が2ヶ所あります。まず1ヶ所目はご存知ルアンパパンの街、こちらは欧米人バックパッカーだけではなく、中国や韓国、タイといったアジア人観光客にとっても大人気のデスティネーションとなっていますね。そしてもう1ヶ所「チャンパサック県の文化的景観にあるワ…
続きを読む
ラオス南部旅日記

シーパンドンの楽園ドンデット、夕陽と動物に癒される日々

チャムパーサックを満喫した私たちが次に向かう目的地はシーパンドン。メコン川の中州にある島々の数を表した地名で、ラオス語でシーパンが4000、ドンが島を意味しています。この辺りに4000もの島々が本当に存在しているかどうか私には判りませんが、船でメコン川を横切るだけでも大小さまざまな島を見ることができ…
続きを読む
ラオス南部旅日記

ドンコーン(コーン島)をレンタルサイクルで巡る旅

シーパンドンには4000の島々があると言われていますが、そのうちバックパッカーに馴染みがある島はドンデットとドンコーンの2つではないでしょうか。私の場合ドンデットのゲストハウスに滞在し、のんびりと何もしない"極上"の日々を過ごしていました。しかし、その状態で何日もいるのはさすが退屈になる。ここは意を…
続きを読む
ラオス南部旅日記

旅の日程

タイ南部の格安ビーチリゾートをしっかりと堪能していた私たち、しかし海ばかり見ているのも飽きてくるものです。なんといっても、あの強い日の光にずっと照らされているのは、年齢的にも身が持たない!?   そこで、再び山が恋しくなってくる。山と言ったら、そうラオスです。前年末はラオス北部を隈なく旅行…
続きを読む
つれづれ旅 東京滞在記 2018-2019

つれづれ旅 東京滞在記:全9記事《2019年3月31日更新》

2017年末に東京に戻ってきてから現在まで、実は海外には出ておりません。私の伴侶と高齢義母の3人で東京滞在を楽しんでいます。久々に日本に滞在すると「え、ここってどこ、まるで海外旅行と一緒?」という、外人旅行者が東京滞在を楽しむような感覚に陥ります。東京・・・面白い街じゃん!外人バックパッカーになった…
続きを読む
つれづれ旅 東京滞在記 2018-2019

氷見線を巡る旅 1)国鉄型気動車キハ40とキハ47に興奮!

今から少し前になりますが2018年9月に富山県を訪問する機会があり、氷見線に乗車をしてきました。久々に見た国鉄型気動車キハ40やキハ47を目の当たりにして大興奮、その上、氷見市内をぶらつくうちにオイシイ海鮮丼を堪能したり、雨晴の美しい海岸を散策しました。   そもそも、なぜ富山を訪問したの…
続きを読む
つれづれ旅 東京滞在記 2018-2019

池袋北口の格安ランチ、韓国料理2店は500円で競争状態?

池袋北口と言えばチャイナタウンというイメージが強いのではないでしょうか。確かに、中華料理屋が多数林立し、本場の味と何ら変わらない中国家庭料理を出す店も増えてきました。   ただ、そうした中華料理店に埋もれていながら、本場の韓国家庭料理を提供する店が何軒かあることを皆さんはご存知でしょうか?…
続きを読む
つれづれ旅 東京滞在記 2018-2019

90歳代!高齢義母と車イス旅 3)三浦まほろば人生の休息

私と伴侶、伴侶の母(私にとって義母)の3人で三浦半島を旅した記録の第3弾、今回は私たちが宿泊したリゾートホテル「マホロバ マインズ三浦」について紹介します。   ホテルの名前についた「まほろば」という言葉、元々はどういった意味かご存知でしょうか。「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意…
続きを読む
サラリーマン時代の短期世界旅行

ジャワ島旅行記’10:全7記事

インドネシアのジャワ島を旅した記録です。今回はジョグジャカルタに飛行機で入り、主にジョグジャカルタ、ソロ(スラカルタ)、スラバヤ、ブロモ山などを旅行しました。旅行記では、そのうちソロ(スラカルタ)とブロモ山に焦点を当て紹介します。ソロの謎の遺跡群やブロモ山の美しい光景は必見です。また、今回は1991…
続きを読む