クアラトレンガヌ、実は海あり、博物館あり、人が優しく料理もおいしい、居心地の良い街なんです。ただ、最初に泊まった「Ping Anchorage」があまりにひどかったので、前の記事がつい愚痴になってしまいました。

 
今回は、記事をあまりまとめてしまわず紹介していきます。
 

「バトゥブル ビーチ」は街から歩いて行けるビーチ。物静かでリラックスできます

到着日は、荷物を置いて部屋で休む気にもなれず、街中からほど近いビーチ「バトゥブル ビーチ」(Pantai Batu Buruk)へ向かいました。ここは、バスステーションからなら、歩いて15分以内(おそらく1km以内)、極悪宿から歩いても20分もかからず着きます。

ビーチまでの途中の家々です。ちなみに、前回の記事でも同じ写真を使っています
街から歩いて行けるビーチ「バトゥブル ビーチ」。のどかで落ち着きます

ビーチはとても広々としているのに、人がほとんどいない。もう夕方だからか、泳いでいる人は見かけませんでした。波打ち際で子供たちが遊んでいます。ビーチの脇には、いかにも居心地の良さそうなホテルがありました。
 
この日は、宿のショックが大きく、ビーチでしばらくボーっとしていました。夕食後、しばらくは翌日以降のホテル探しをしました。宿に戻ってからも、面倒なことが多い一日でした。
 

クアラトレンガヌのホテル事情

探してみると、クアラトレンガヌは比較的安い中級ホテルがそこら中にあります。バスステーションから「Ping Anchorage」に歩く途中でも何軒か見つかりました。なぜ、そうした中級ホテルに泊まらなかったのか・・・後悔しても仕方ありませんよね。私は、バスステーションの向かい近くにあったホテル「DJ Citi Point」に決めました。料金はMYR79.0、2000円弱と、少々お高めの料金です。しかし、2000円出してもコスパの良さを感じました。部屋はまだ新しめで広く、ホットシャワーやWiFIを完備。そして、フロントのお姉さんが非常に優しかったのが最大のポイントです。ちなみに、この街、若い女性が優しいです!

私の泊まった「DJ Citi Point」外観と部屋の様子です

 

予約サイト掲載の、街中心部にある格安ドミトリです
【ホテル名】 【住所】
The Space Inn 12E,Jalan Engku Pengiran Anom 2
Suite 18 Boutique Hotel 1046,Kampung Cina (Next to 7-eleven)

この2つのゲストハウスは下記サイトから予約ができます。支払いは現地で、予約の際、クレジットカード情報は必要ありません。中~高級ホテルも、こちらのサイトで検索&予約ができます。



 

クアラトレンガヌの飯が美味く感じるのはなぜか?それは中華街があるから
ここはマレーシア半島東岸部最大のチャイナタウン。では、中華街の様子、どうぞご覧ください

マレー半島西岸部は、イスラム系マレー人の方々が多く居住しており、マレー東岸部のように、華僑の方はあまり見かけません。したがって、クアラルンプールやペナンのような巨大な中華タウンはないのですが、ここクアラトレンガヌは別です。ただ、ここクアラトレンガヌの中華街は、珍しく(?)閑静です。ページトップの写真で紹介したように古い看板なども残り楽しめます。料理の写真は撮り忘れてしまいましたが、飲茶などもあり美味しかったです。
 

クアラトレンガヌの観光情報

実は、中華街の散策や、歩いて行けるビーチでのんびりするのが、クアラトレンガヌでのおススメの過ごし方とも言えます。到着後、翌日(6月27日)は「ドゥヨン島(Pulau Duyung)」と「ブキ プトゥリ(Bukit Puteri)」へ、6月28日は、クアラトレンガヌを代表する観光スポット「トレンガヌ州博物館(Muzium Negeri Terengganu)」へ行きました。では、それぞれの観光記録をご覧ください。
 

「ドゥヨン島」は何もないのが魅力? 短時間の離島、ではなく川の中州へのショートトリップ
対岸の島(川の中州!)へ行くフェリー発着場の様子です

クアラトレンガヌのフェリー発着場は、バスステーションから西に10分も歩かない(おそらく300m~500m以内)場所にあります。街がこじんまりとしているから、旅行者に必要な場所が凝縮していて、大変歩きやすいです。ここから、いろいろな行先のフェリーが出発していますが、私が行ったところ、たまたま「ドゥヨン島(Pulau Duyung)」へ向かう船が出発する間際だったので、まったくどんな場所か見当がつかなかったが、とりあえず乗り込みました。う~ん、どこへ向かうことやら。

こんなフェリーに乗っていきます

料金の表示(片道MYR1.0~1.5、日本円で25円~32円)があるのですが、往復ともに、料金を請求された記憶も記録もありません。う~ん、払ったはずだと思うけれど・・・。

ドゥヨン島、何もない場所です。子供がうるさいです。写真は唯一の観光地(?)「コタ ドゥヨン」

とりあえず、ドゥヨン島に着きました。何があるか判りません。子供たちから話しかけられますが、お互いコミュニケーションがなかなかとれません。とりあえず、船着場から少々歩くと、唯一の観光地か、「コタ ドゥヨン(Kota Lama Duyung)」の案内が出ていました。とにかく古い建物とのこと、子供たちに「コタドゥヨン、コタドゥヨン」と言うと、中の1人が、「とにかくついてこい」という仕草でガイドを買って出てくれました。この子供、頼もしいのですが、写真に納まるのは嫌いなようでした。コタ ドゥヨン、一見の価値は・・・ある人にはあると思います!
 

ブキ プトゥリは街を俯瞰するのにちょうどよい。最初に行くのがおススメかな

ドゥヨン島から戻り、もうしばらく街中を歩きました。実は、クアラトレンガヌのフェリー発着場からほど近い場所に、小高い丘があり、そこも(一応は)クアラトレンガヌでは有名なスポットということです。その名は・・・「ブキ プトゥリ(Bukit Puteri)」です。

ブキ プトゥリに向かう途中、市場(Pasar Payang)に寄りました

じつは、フェリー発着場~市場~ブキ プトゥリはいずれも至近な位置関係となります。このクアラトレンガヌは、私のような(交通費をなるべく払いたくない)散歩が大好きな旅行者にとっては、過ごしやすい街です。

ブキ プトゥリ(Bukit Puteri)に上ってみました

ここは、小高い丘に造られた要塞跡のようですね。残っている建物は、おそらく当時、この地を治めていた提督の自宅跡なのでしょう。もう夕方だったこともあったのですが、入場券売り場のおじさんが「どうぞ入れ入れ」という仕草で、入場料を徴収しませんでした。う~ん、親切だ~!
 

翌日は「トレンガヌ州博物館(Muzium Negeri Terengganu)」へ。ここは絶対におススメです!

この博物館、行く前は、なめていました。とにかく巨大です。半日ではとても見切れません。午前中は、KFCや中華街でゆっくりしていました。まぁ、島(中州)やビーチへ行くのも面倒だし・・・ということで博物館へ向かいましたが、午前中から気合を入れて行くべきでした。

博物館の概要

マレーシアに居住する様々な諸民族(”民族”という言葉は実はあまり使いたくない)のコレクションが秀逸です。とくに、それぞれの民族の家屋が原寸大で野外展示されている光景は、歩き回るだけで疲れます。巨大な博物館本館には、各民族の紹介や工芸品の展示、宗教別の紹介、トレンガヌ州の紹介、マレーシアの歴史の紹介などがあります。
その他に、フィッシャーマン博物館や海洋博物館が併設されています。入場料は、私の行った当時でMYR5.0(約125円)。この値段で、全ての展示が見られるのだから、割安と言えば割安です。

博物館への行き方

バスステーションから、写真のようなバス(トローリーバスに似せたもの)に乗車します。このバスの料金はMYR1.0(約25円)と均一料金制をとっており、観光客に使いやすいのですが、難点は、とにかく本数が少ないこと。時刻表は記録に残していませんが、当時、2時間に1本くらいだったと記憶しています。

では、博物館を見ましょう。まずは、フィッシャーマン博物館&海洋博物館から

「フィッシャーマン博物館」はおそらく、マレーの漁村の再現、「海洋博物館」は漁船などの野外展示でした。少々肩透かしかな?でも、漁村の光景、なかなかフォトジェニックです。

本番は、マレー諸民族の家屋の再現

実は、私、建築を見るのが非常に好きです。エスニックカルチャーを体感しやすいのは建築と、衣装、料理だと思います。よく、観光イベントであるような儀礼や舞踊は、本来、祭礼などの特殊な機会でしかお目にかかれませんよね。そうした観光イベントよりは、日々の生活に根差したものの方が、私の関心を引きます。
これだけの原寸大での建築コレクションを持つ博物館、やはり見応えがあります!しかも美しい!ここでは、一部の写真の掲載にとどめます。

博物館本館は巨大です。内部は写真撮影禁止なのが残念

博物館本館は伝統建築をモデルにした建造物で、とにかく巨大でした。中の写真撮影が禁止されているため、実は、何が展示されていたか、ほとんど記憶に残っていません。残念!

クアラトレンガヌの紹介はこれで終わりですが、博物館からの帰路、イイことがありました

博物館と街を結ぶトローリー風バスの本数が少ないことは先述しましたが、博物館からの帰り、バスの待ち時間が1時間以上あることが判りました。「あ~こんな暑いところで、どうしようかな」と少し途方に暮れていたところ、小さな食堂のお姉さんが「暑いから水でも飲んでいけ」とお誘いの声が。中に入ると、水ではなくジュースを、そのうち、パンや、魚と小麦を練った惣菜風のお菓子などをだしてくれました。お金のことが少々気になり精算を頼んだところ、「お代はいらないよ。バスのことを待っているのなら、もう少し休んでいけば」と言うではないですか。

うん、このクアラトレンガヌ、優しい街です。この平和な街にまた戻ってきたいと思いながら帰路に着きました。優しいお姉さん方たちと、おいしかった名も知らぬ惣菜です。


<スポンサーリンク>