おかしな洞窟のオブジェにコロニアルな建築群と見所がたくさんのイポー。しかも、美食の街としても有名で、「タウゲアヤム」というイポー風チキンライスに、元祖ホワイトコーヒー(数あるホワイトコーヒー発祥地のうちの1つ)など、うっヨダレが出てくる。こんなイポーの街を素通りするなんて、うわぁ~もったいない!と思います。

 

イポーでは洞窟へ行こう!おかしなオブジェに笑いがこみ上げます

イポーの郊外には石灰岩でできた奇怪な山々が立ち並び、その麓には洞窟がぽっかりと穴を開けており、まさに壮観。イポー郊外の「サンポトン」(Sam Poh Tong)エリアと、「ペラトン」(Perak Tong)エリアには巨大な洞窟寺院があり、それぞれ街中からバスに乗り20分くらいで簡単に行くことができます。まずは、「サンポトン」から紹介します。
サンポトンに初めて行ったのは2012年7月23日、ペラトンには翌日7月24日に向かいました。ちなみにバスなど2017年の現時点でも料金は変わっておらず、マレーシアは物価が安定しているのが感激です!
 

サンポトンはコミカルな仏教オブジェが立ち並んだワンダーランド!
サンポトンの概要です

サンポトン(Sam Poh Tong)、漢字で書くと「三宝洞」と書きます。三つの宝の洞窟、つまり3つの著名な洞窟が並んでいるのかと思いきや・・・徒歩10分以内の散歩コースに洞窟がたくさんありたくさんすぎて3つの宝どころではありません。
まずは、幹線道路(つまりバス道)のバス停を降りた場所から、目の前にある「リンセントン」(Ling Sen Tong:霊仙洞)、次に「ナンテントン」(Nam Thean Tong:南天洞)、「サンポトン」と巡っていきましょう(この3ヶ所を見れば、十分腹いっぱいになります)。
 

サンポトン(Sam Poh Tong)へのバスでの行き方

イポーの近郊バスステーションから66番のバスに乗ります。近郊バスステーションはイポーの中心街近くにあり、コロニアル建築で有名なイポー鉄道駅の隣にあり非常に便利なロケーション。上の写真はイポーの鉄道駅と近郊バスステーションです。グーグルマップで検索する場合、「Terminal Bus Ipoh, Jalan Tun Abdul Razak」と表示されています。ちなみに、長距離バスステーションは(例によって)街中から遠く離れているので、そちらには行かないように!
66番のバスに乗り込み、「サンポトン」までは、2012年当時も2017年の現在も料金は変わらず片道MYR1.5。40円もしません。
バスのドライバーに「サンポトン」「サンポトン」と主張すれば、おそらく問題なく降ろしてくれます。ただ、バス車内からもインパクのある光景が見えてくるので、もうそろそろ降りる場所かなっと感じることでしょう。
 

まずはリンセントン(Ling Sen Tong)から見ていきます

バスで降りると、「あれ、こんなところに洞窟があるの」っと思いますが、実はバスの中から寺院が既に見えていたので、その方向に歩きます。大通りからでも見えるこのインパクト!迷いようがありませんが、道が不安なら「サンポトン」と声をかければ、だれでも指で教えてくれます。
 
リンセントンの見どころは、とにかく笑える仏教オブジェ・・・とにかく見てください

みんなマジメに作られており造形はしっかりしている。ただ、滑稽な姿についニヤけてしまいます。しかもオブジェの皆さん、お賽銭箱がついているのが微笑ましい。うん、小銭を入れてお祈りしましたが、ご利益のほどは・・・期待しすぎない方が我が身のためです。
 

すぐ隣にはナンテントン(Nam Thean Tong)。リンセントンとほぼ繋がっています

ナンテントンは洞窟内がとにかく広い!しかも鍾乳石を含め、白く塗り固めてあるのもかなり強烈なインパクト。洞内の神々の像もかなり巨大で派手。ご利益がありますように、お祈り、お祈り。
 
実は、今回はこれでお腹いっぱい、疲れてしまったので、隣のサンポトン(Sam Poh Tong)は行きませんでした。2013年に再びイポーを訪問しサンポトンへ行ったのですが、その話題は後ほど(いつになることやら?)公開します。
 

ペラトンは南国の敦煌(トンコウ)?洞内を登るのがけっこうシンドイです
ペラトン(Perak Tong)へのバスでの行き方

翌日はペラトンへ行こうと、昨日と同じイポー近郊バスステーションへ。窓口で行き方を尋ねると「クアラカンサー」行きバスがペラトンへ向かうとのことでした。バス料金は2012年当時も現在もおそらく片道MYR1.5。日本円で40円もしないのは、やはり安いですね。バスに乗り込んだら、ドライバーに「ペラトン、ペラトン」と主張しておきましょう。周囲の人にも主張すれば万全ですね。
 

ペラトンに到着。バス道からペラトンの岩山はすぐに判ります

ペラトンがある岩山はかなり大きく、バスに乗っているうちから目立ちます。さて、この岩山を目を凝らしてみると、上の方に東屋が見えます。実は、洞窟内に入ると頂上に至るまでの探検(?)が楽しめます。
 

いよいよペラトンの洞窟です

 

ペラトン洞窟の内部。南の島の敦煌を再現しているのでしょうか

とにかく広い洞窟内、しかも洞内に設置されている仏像たちも巨大です。壁画には「南島敦煌」のでかい表示が・・・あの中国にある敦煌石窟の莫高窟をイメージしているとしたら大した自信です。
 

洞窟内の細い坑道(?)を登って行くと、見晴らしの良い展望台に着きます

ここ、バスを降りたときに見た東屋のある展望台です。見晴らしはマァマァといったところ、登るのが割合きつかったので、あまり疲れたくない人は、登らなくてイイかも。
 
 
ということで、サンポトンとペラトンという洞窟寺院を紹介しただけでも、けっこうな分量になってしまいました。イポーのコロニアル建築群や、美食の街の名物料理、ホテル紹介などは次の記事に記載します。ではでは。


<スポンサーリンク>