私がインド世界や中国、東南アジアをぶらつき感じることは、彼らのバイタリティ、生への執着の強さです。何が何でも生き抜いていこうと思う彼らのたくましさと、それに備わる優しさに、いつも心を打たれます。彼らが持つ夢や希望に満ち溢れた目、それこそが幸福の原点であると感じてしまう。今回の記事では、私が出会った方々のうち、今でも忘れられない「豊かな心の持ち主」を1人紹介します。

 

バングラディシュ リキシャを漕ぐ若者の話し

2005年、私はバングラディシュのプティアという村を訪問。その時は、地元の教師が声をかけてくれて、私のそばで通訳とガイドを手伝ってくれました(彼からお金を請求されることはなかった)。夕暮れ時、バスでも捕まえられるところへ戻ろうと、1台のリキシャを捕まえたところから、この話はスタートします。
 
リキシャを漕ぐ若者は外国人をあまり見たことがないらしく、私に対して興味津々。先生を介して、私にいろいろ質問を投げかけます。まぁ、南アジアではよくありがちな光景ですよね、「年収は、結婚は、子供は・・・」、いつも投げかけられる質問で、こちらのプライベートにずかずかと入り込んでくる態度に辟易としてしまいます。
 
そのうち、リキシャの彼は、1軒のチャイ屋に入ろうと言います。
 

彼は、チャイを一杯奢ってくれながら言った「こんな時間を過ごせることが一番の幸せなんだ」

ここでも、彼はたわいもない話をします。話した内容はほとんど覚えていません。そもそも、彼の話すことは全て、先生の翻訳を通して伝わってくるので、実際に何を言っているのか、私はほとんど気にも留めていませんでした。
 
そんな時、リキシャの彼は、何かニコニコしながら私の手を取り語ってくるのでした。先生は、「こんな時間を過ごせて、俺は一番の幸せ者だ」と言っていると伝えてくれました。
 
正直に言えば、私はバスの時刻が気になりだし苦痛に感じていた頃、彼がそのように感じていたことに少し恥ずかしくなりました。彼がせっかく「一番の幸せ者」と感じるこの瞬間を壊してしまうことは、さすがに気が引けてしまい、彼との話にさらに付き合うことにしました。
 

彼は夢を語った「このリキシャを漕いでアメリカまで行くことが夢なんだ」

そのうち、彼は自分の夢について語りだしたが、その言葉を聞いて、私は愕然としました。彼の夢は「リキシャを漕いでアメリカまで行くこと」。アメリカまでどれくらい遠いか彼に聞いたが「よく判らない」、途中に海があることは知っているか聞いたが「よく判らない」、つまり大洋の存在を知らないのでしょう。
 
ただ、アメリカという場所に行けば、(何か知らないが)とても楽しくお金も儲かる場所という認識らしいのです。彼に「アメリカにはリキシャでは行けないのだよ」と伝えようと思いましたが、止めました。彼の夢を壊してしまうことは、あまりにも野暮だと思ったからです。
 

彼は家に泊まりに来るよう誘ってくれたが、私はその申し出を断った

すでに夜になってしまい、バスで戻ることを諦めかけたとき、リキシャの彼は「自分の家に泊まりに来い」と言ってくれました。しかし、通訳を請け負ってくれた先生は「No」と言い、彼には伝わらぬよう英語で私に「彼の家には行かない方が良い」と伝えてくる。
 
先生は行ってはいけない理由をいちいち説明してくれますが、何かとってつけたような理由のように聞こえる、ただ先生の言葉を否定することは私にはできず、彼の家に行くことは諦めました。
 
私は、リキシャを漕ぐ彼にひとしきりの礼を言い別れを告げた後、別のリキシャを捕まえ、先生の家で一晩お世話になることにしました。


<スポンサーリンク>