イポーはマレーシアの中で私の一番お気に入りの街。洞窟寺院の妙なインパクトに驚くのはまだ甘い、コロニアルな建築群は、大変美しく、とにかく街歩きが楽しくなってきます。しかも、「名物料理に旨いものなし」とは言わせません、この街の名物料理は、本当においしいのです。洞窟寺院に留まらない、イポーの魅力を紹介します。

イポーの街を概観してみましょう。グーグルマップにしたがって説明します

 

  • まず「Ipoh Railway Station」、つまり「イポー鉄道駅」で検索しましょう。この駅舎自体がコロニアル建築物として美しい外観を持ち、イポーの見どころの一つとなっています。
  • 鉄道駅の東にイポーの中心街が広がっています。駅前を南北に走る(黄色の)通りの駅向い側沿いには公的施設が多く、例えば駅の正面向かいには地方裁判所。この通りをやや南に行った場所、ちょうど「A1」と書いていある通りとぶつかる地点の辺りに、「イポー近郊バスステーション」があります。サンポトンやペラトンへのバスはこちらから出発します。
  • イポー駅から東に向けて走る「Jalan Sultan Idris Shah」と「Jalan Sultan Iskandar」に挟まれたエリアは繁華していて、散歩するのにうってつけです。この辺りにはコロニアル建築が多く、建物を見ているだけで飽きません。
  • イポーには数多くのカフェがあり、また、マレーシア各地で飲まれている練乳たっぷりの甘~いコーヒー「White Coffee」の元祖の街と言われています。このうち最も歴史が古く著名なカフェが「Nam Heong White Coffee」です。ただ、古い長屋風建物で、内外装にもほとんど手が加えられていません。つまり、けっして居心地が良いカフェではないので、一杯飲んで帰るという感じでしょうか。イポー市内には、居心地の良いチェーン店「Old Town White Coffee」やマクドナルド、KFCなどのファストフード店も多いので、長居するのなら、そちらがおススメです。
  • Jalan Sultan Iskandar沿いから少し東に「レストランマーク」が見えますが、この辺り一帯は、日が暮れるとナイトマーケットの屋台が立ち並ぶエリア。これぞイポー名物の「タウゲアヤム」(イポー風チキンライス)を提供するレストランがそこかしこにあります。

 

イポーのおススメ建築群、美しいですよ!
まず紹介するのは「イポー鉄道駅」です

この鉄道駅、白亜の宮殿という感じで美しいですね。ちなみにマレーシアでは、「クアラルンプール」駅(クアラルンプール セントラルではない)も非常に壮麗で美しく、マレーシア鉄道駅の2大巨頭という感じです。
 

イポー市民ホールは駅の正面、壮麗な姿が目を惹きます

この辺りは、近代コロニアル建築に興味がある方なら”博物館”のように見えるのではないでしょうか。この市民ホール、本当に美しい!周囲には、裁判所や市議会庁舎、警察署、消防署などがありますが、いずれもコロニアル建築をそのまま残しており、エクセレ~ント!と叫びたくなります。
 

St Michael’s Institution(学校)

イポー駅の北東、歩いて5分くらいでしょうか、いかにも上品で育ちの良さそうな子供たちにたくさん会えます。うん、僕もこんな学校に通いたかったぜ!
 

Darul Ridzuan Museum(博物館)

イポー鉄道駅から、北の方にある博物館。この博物館の特記すべきことは、なんと入場が無料であること!無料ですよ、タ・ダ。タダほどいい場所はありません。ちなみに展示内容、今となっては全く思い出せません!
 

コロニアル建築ではありませんが、モスクも非常に美しい外観でおススメです

写真左(上)は「Masjid India Muslim」、写真右(下)は「Masjid Panglima Kinta」。ムスリムの信仰の場、モスクがまた美しい。ほとんど外観しか見ていませんが、こうした建築物を見つけるだけでも、街歩きが楽しくなります。
 
イポーの建築群いかがでしたか、今回は外観のみを紹介しましたが、関心がある方はぜひイポーに訪問を。また、今回は歴史的背景などには全く触れませんでしたが、これも自分で調べてみると楽しいですよ。
 

イポー名物料理。おいしいよ!
イポーでもっとも有名なカフェ「Nam Heong White Coffee」

小さい店で、ランチタイムには入れませんでした。14:00頃に訪問。「クイチャウ」という麺料理とアイスコーヒーをオーダーして値段はMYR5.6(約140円)。さほど高くはありませんが、すごくコスパが良いという感じではありません。ま、イポー名物なので、訪問の際はお試しあれ。
 

これが美味いんです!タウゲアヤム

マレーシアでとにかくおいしいものの1つにチキンライス・・・というのは異論がないのでは。「海南鶏飯」は、その名の通り中国の海南島が発祥ではないかと思いますが、実は私は海南島で食べたことがない!ただ、それがマレーシアやシンガポール、あるいはタイ(「カオマンガイ」と言います)などにほぼ同じ料理として伝播しているのが、なにげにスゴイですね。
この、イポー風チキンライス、なぜ名物なのかというと、味のおいしさは当然!、プラス、モヤシをてんこ盛りにつけるのが特長です。このモヤシもシャキシャキ感抜群で、とにかくおいしいのです。うん、私がいくら力説しても伝わらないでしょう。ナイトマーケット開催場所に、何軒かタウゲアヤムの有名店が並んでいますが、どこもかなり混んでいます。ちなみに、写真のメニュー、私が食べたときは料金MYR10.0(約250円)でした。このクオリティなら安い!
 
イポーの街、いかがでしたか?先に紹介した洞窟寺院・・・とにかく面白いですよ。それに合わせ、街中も見どころいっぱい、グルメも楽しめるとあって、マレーシアの数ある街の中でも高評価です。


<スポンサーリンク>