【特別編 最新記事】広東省開平、異形の望楼群を巡る

開平で最も奇抜な建築群を見るなら蜆岡(錦江里)へGO!

ここまで開平出身の華僑マネーによりつくられた異形の望楼建築(碉楼、廬)を紹介しました。下の写真、自力村や馬降龍でもう十分、腹一杯だよと多くの方は思うかもしれないが・・・ 私はこんなものでは満足しない。インパクトが足りないのじゃ~!   ムカ~シ昔に話は飛ぶと、2000年代初頭の旅行ブログ全…
続きを読む
【特別編 最新記事】広東省開平、異形の望楼群を巡る

赤坎と馬降龍:洒脱で無骨な華僑(客家)魂を存分に味わう

先日は自力村をただううろついただけで十二分に堪能した私。ただ、同行の妻は田園風景にポツポツと現れる廃墟ビルディング(望楼)に恐れをなした様子、なにせ文革時に書かれたおどろおどろしいスローガンを丹念に読みこんではヒエーッと顔をのけぞる。う~ん、男と女じゃ感性が違うんだよね(スイマセン、こうした単純な一…
続きを読む
【特別編 最新記事】広東省開平、異形の望楼群を巡る

開平探索のハイライト、自力村をただうろつき感嘆する

先日のブログ記事(開平市街地と華僑の豪華な洋館「立園」の華麗なギャップ)を公開した直後でしょうか、ブログ読者の方から開平に関する最新情報を教えていただきました。アリガトウございます。読者様は2020年に入ってから観光されたそうで、まさに鮮度抜群の情報!では、その内容をまとめると・・・ 開平市街地にあ…
続きを読む
【特別編 最新記事】広東省開平、異形の望楼群を巡る

開平市街地と華僑の豪華な洋館「立園」の華麗なギャップ

昨今メディアにポツポツと登場する機会が増えた広東省開平の楼閣群、世界遺産に指定されたことで中国国内の観光客も増えている様子。ただ、前回の記事でこの異形の楼閣をつくりあげた客家(ハッカ)の方たちに焦点を当て、漢民族とは異なるエスニック集団(少数民族)として記したところ、オフィシャルな評判はあまり良くな…
続きを読む
【特別編 最新記事】広東省開平、異形の望楼群を巡る

広東省開平プロローグ:客家(ハッカ)漢族の中の異国風景

まずは少々堅苦しい話から始めることをお許しくださいね。これまで当ブログでの中国と言えば、雲南省や貴州省、広西、新疆などのエスニック集団(漢民族以外の少数民族)が多く居住する地域について取り上げてきました。エキゾチックな光景に加え魅力的な人々と文化に触れ、私のハートは中国辺境に釘付け…と言いたいところ…
続きを読む
【特別編】リーマンバックパッカー世界旅行記、2000年代を振り返る

イスタンブール街角でのひょんな出会い旅 ’09:全3記事

イスタンブールの甘えん坊で見栄っ張りなネコたち(2020年1月27日更新) イスタンブールで出会ったネコ達は、とにかく甘えん坊で感情豊かな様子。妻の膝に飛び込み甘えだすのは、まだまだ序の口です。一緒に遊んだお礼にニューニャーと率先し道を教えてくれたり、いじめられているのを見かねて助けたら、今度は逆に…
続きを読む
イスタンブール旅行記

イスタンブール、シツコイが愛嬌たっぷりトルコ男に苦笑

エキゾチックなイスタンブールの街角をただ歩いているだけで、誰もがドラマの登場人物になった気分を味わえる。今回は妻が同行のもとイスタンブール1都市だけを旅行しましたが、いや~女性がいると違うね。仮に私(男)一人で旅行したなら、これほど方々から声がかかることもないし、飲食店での度重なるサービスもあり得な…
続きを読む
イスタンブール旅行記

イスタンブールの甘えん坊で見栄っ張りなネコたち

サラリーマン時代の私は確かに忙しく年の半分は200時間前後の残業をこなしていました。働き方改革が叫ばれる昨今のご時世では、まあ許されない労働環境ですね。ただその分、1週間以上の長期休暇を年に4~5回はとれる環境にもあり、離職率はかなり低かった職場だとは思います。   そんな当時の2009年…
続きを読む

旅の日程

【旅の時期:2009年2月6日~2月13日】 2月6日 成田⇒ソウル⇒イスタンブール ORSEP ROYAL(泊) 2月7日~2月11日 イスタンブール滞在 ORSEP ROYAL(泊) 2月12日~2月13日 イスタンブール⇒ソウル⇒成田 自宅に戻りました <スポンサーリンク>
続きを読む
【特別編】リーマンバックパッカー世界旅行記、2000年代を振り返る

ボルネオ・ブルネイ旅行記’09:全7記事

コタキナバル・マリマリ文化村を訪問、原住民に襲われる?(2020年1月9日更新) ボルネオ島コタキナバルのマリマリ文化村は、ボルネオ各地の部族の家屋が移築され各々の文化が紹介された自然の中のテーマパーク。私が訪れた時はスタッフが少なく、ルンダイ族のゾーンでは寡黙で優しかったお兄さんだったが、ムルッ族…
続きを読む
【特別編】リーマンバックパッカー世界旅行記、2000年代を振り返る

雲南省元陽を拠点にハニ族集落を巡る’09:全5記事

元陽の街角、ハニ族が織りなす桃源郷の入口でもう興奮気味(2019年12月26日更新) 雲南省元陽は、ハニ族がつくり上げた棚田やエスニック風情が満載の定期市巡りの拠点として昨今人気を集める。ただ2009年時点では、まだ世界遺産に登録されておらず観光客の姿はほとんどない。そんな時代の元陽の素朴な姿を報告…
続きを読む
ボルネオ(ブルネイ)旅行記

ブルネイの水上集落カンポンアイルで触れたステキな人と猫

ブルネイの首都バンダルスリブガワン(BSB)、これはスリランカの首都スリジャヤワルダナプラコッテと並ぶ強烈なインパクトを放つ首都名、一度聞いたら忘れられない名前ですね。しかし正確にこの名を暗唱できる人は日本人のうち何パーセントいるのかハナハダ疑問。中には、バンダルブリスガワン(それじゃ略してBBSで…
続きを読む
ボルネオ(ブルネイ)旅行記

ブルネイの見どころをムリに探す、格安クルーズで動物探し

ブルネイの首都は巨大なモスクに巨大な王室博物館に囲まれ……こうしたスポットは私の興味を全く引きません 今回の旅で最大の目的、ブルネイへの上陸をいよいよ果たしました。これでASEAN加盟10ヶ国を全て踏破したことになりますが、とくに何の感慨もなく、首都バンダルブリスガワン(略してBSB)の街なかを探索…
続きを読む
ボルネオ(ブルネイ)旅行記

キナバル公園のウツボカズラと、セピロックのオラウータン

今回のボルネオ旅行は、私としてはブルネイ訪問をメインテーマとしているが、妻はボルネオの大自然や野生動物との出会いに主眼を置いており未知の国ブルネイはどうでもよいらしい。同行者がいることで互いの要望を調整しなければいけない点は、一人旅とは違いとても面倒なこと。私にとっての理想的な旅とは基本は一人旅で、…
続きを読む
ボルネオ(ブルネイ)旅行記

コタブルの伝統マーケットとゲラマ川クルーズと野生動物

私自身、今回のボルネオ旅行ではコタキナバルを早く切り上げたかったのだが、妻の要望はボルネオのジャングルを流れる川をクルーズしながら野生動物を探すというモノ。ジャングルクルーズならコタキナバルでなくても、サンダカン(スカウ)やブルネイでもできるよと"助言"をしても、そんなことで言うことを聞くわけがない…
続きを読む
ボルネオ(ブルネイ)旅行記

コタキナバルのお手軽リゾート、サピ島で我々は怪獣を見た

マリマリ文化村観光を終えた私にとって、コタキナバルでのイベントは無事に済ませたと思っていたが、妻はそれじゃトンデモナイといった顔つき。コタキナバルでは〇〇島を巡って、〇〇ジャングルでリバークルーズをして野生動物を探す…など、この地を紹介するガイドブックならどれもが取り上げるアクティビティを一通り済ま…
続きを読む
ボルネオ(ブルネイ)旅行記

コタキナバル・マリマリ文化村を訪問、原住民に襲われる?

4月28日から5月10日までボルネオで過ごすことにした私たち夫婦、今回の旅のメイン目的はコタキナバルとサンダカン、ブルネイを訪れること。コタキナバルでは南シナ海に浮かぶ美しい島々でのシュノーケリングやボルネオの熱帯雨林での野生動物探し、サンダカンではセピロック国立公園を訪れオラウータンと戯れ、そして…
続きを読む
雲南省元陽 旅行記

牛角寨の定期市で美しいハニ族の民族衣装を堪能する

中国雲南省・元陽近隣の村々を巡る旅もいよいよフィナーレ、今回は牛角寨の定期市(集市)を見学します。牛角寨は元陽(新街)からミニバスで1時間ほど離れた場所にある普段は静かな山あいの小さな町だが、4日に1回(旧暦の寅・午・戌の日)開かれる定期市の日はハニ族やイ族の民族衣装を美しく着込んだ人々で大賑わい。…
続きを読む
雲南省元陽 旅行記

箐口の素朴なハニ族の村を歩く、まさかこの虫を食べる?

元陽から6kmほど離れた郊外にある箐口は、ガイドブック『地球の歩き方 成都2020~21』で「人々は現代風の家屋に民族(ハニ族)の伝統的な様式を取り込んだ磨茹房で暮らす」民俗村(観光目的に開放された村)として紹介されています。しかし、私が訪れた2009年当時の箐口は、えっ現代風?観光?……という言葉…
続きを読む