アジアに住むように旅をする、アジア旅日記の第1回目は古都「マラッカ」からスタートします。

2012年6月13日、エアアジア523便が23:55に羽田を飛び立ちました。アジアで生活するように旅をすることをテーマに、まずはマレーシアのクアラルンプールを目指しました。今後いつ日本に戻るのかも決めませんでしたが、これから刺激に満ちみちた生活が送れると想像すると、非常に興奮したのを覚えています。

ところが、クアラルンプール到着後、すぐに体調がすぐれないことに気がつきました。日本の疲れがどっとでたのですね。クアラルンプールでは、ゲストハウスの狭い一室で過ごし、今、記憶に残っていることはほとんどありません。6月17日、体調が回復してきたと思い、マラッカに向け旅を開始するのでした。

 

ところで、マラッカへはどうやって行くの?

クアラルンプールからマラッカへの行き方

マラッカをはじめマレーシア南部方向へ行く場合、TBSバスステーション(「TBS‐BTS」Terminal Bersepadu Selatan at Bandar Tasik Selatan)から出発するのが一番便利だと思います。

「TBS‐BTS」は、マレー鉄道「KTM」や、クアラルンプール国際空港(KLIA)からの鉄道「KLIAエクスプレス」の「Bandar Tasik Selatan(バンダータシスルタン)駅」と繋がっているので、市内中心部から簡単にアクセスができます。

僕の場合、クアラルンプール滞在先最寄駅の「Pasar Seni」からまず「KL Sentral」駅へ、そこでKTMに乗り換え「Bandar Tasik Selatan」に向かいました。合計、MYR2.0(2リンギット)の出費でした。
※MYR1.0(1リンギット)は当時25~26円くらい、2017年10月現在では27円~28円くらいです。

「Bandar Tasik Selatan」駅からは、バスの絵がついた表示がそこかしこにあるので、それに従い5分ほど歩くと「TBS‐BTS」に着きます。特に迷うことはなく簡単だと思います。
ただ、バスステーションは巨大です!また、マラッカ行きのバスは複数の会社から出ています。チケットブースは会社ごとに分かれており、マラッカへ行く場合もいくつかの会社のブースで出発時間や料金を比べて、自分にとって都合の良いバスを見つけなければいけません。とにかく、バスステーションに着いたら、チケットブースをいくつか訪ね質問をしましょう。英語は大概通じるし、困っても「マラッカ、マラッカ」と連呼すれば、誰かが助けてくれます。言葉の心配はさほどありません。

TBSバスステーションの写真です(Wikipediaより転載)

 

マラッカ バスステーションから市内への移動

マラッカまでは、クアラルンプールから3時間程度で着くと思います。僕の場合は、このバスの料金はMYR9.0(9リンギット、約225円)、日本の観光バスよりもリクライニングが深く倒れる大型バスで、大変快適な上に、とにかく安い!感動ものです。

マラッカ バスステーションもかなり大きいです。あまり旅慣れしていない方なら、右往左往してしまうかもしれません。そんな場合は、迷わずタクシーに乗ってしまいましょう。市内中心部や旧市街(世界遺産指定地)ならMYR20.0も出せば喜んで行くと思います(クアラルンプールからのバス代より高い!)。

マラッカ バスステーションの写真です(Wikipediaより転載)

ただ、私のような貧乏(?)旅行者は、タクシーなんかは極力使いません!タクシーは、途方に暮れたときの最後の手段にとっておきます。マラッカの旧市街を代表する観光地「オランダ広場」まで、簡単にバスで乗りつけることができます。
市内バス(マラッカタウンバス)の17番に乗りましょう。料金はMYR1.0、安い!。乗り場は、近くの親父にでも聞けばすぐに教えてくれます。ただ、僕が乗ったときは、すごく混んでいました・・・。

宿泊先「Tang House」の外観がすごくかわいくて気分が盛り上がります
この「Tang House」はホテル予約サイトAgodaで事前に予約しました。

 
今回は手短に「マラッカへの行き方」だけの紹介にとどめ、マラッカの街の歩き方や観光情報、グルメ情報などは次回に掲載します。短い記事でしたが、次回以降は読みごたえのある記事にしますね。


<スポンサーリンク>