メルシンは、ティオマン島やシブ島などマレーシア東海岸沿いにある離島へ船で渡る際の中継基地。私も、そうした離島へ行こうかなとも考えていたので、6月22日、マラッカからメルシンに移動しました。ここでは2泊しましたが、のんびりと落ち着ける街に好感が持てました。

メルシンへの行き方

メルシンは、マレーシア各地やシンガポールからバスで入ることができます。クアラルンプールからは4時間半くらい、ジョホールバルからは2時間半、シンガポールからは4時間程度を見ておけばよいと思います。ちなみに、マラッカからは4時間半程度かかりました。
メルシンでは地図の中央左にある「長距離バスステーション」(Bus Terminal Mersing)に到着すると思います。

メルシンの市街地ってどうなっているの?

メルシンの中心街は小さく、大体200m四方の場所に旅行者が目的とする場所が点在しています。地図上の中央にあるメインの交差点(かなり大きく目立つ交差点です。近くには「福順廟」という中国寺院やヒンドゥー寺院があります)やKFCのある辺りを中心として見て、ホテルやバスターミナル、食堂などが徒歩5分以内に収まっています。地図の中央左に長距離バスステーション(Bus Terminal Mersing)があります。

「メインの交差点」と「交差点そばのKFC」です

 

メルシンの「長距離バスステーション」の様子です。かなり閑散としています

ただし、ティオマン島などへ向かうフェリーターミナルは、中心の交差点からはやや離れており、歩いて15分くらいかかるかな、KFCから川沿いに右上(東北)方向に行くと「Mersing Jetty/フェリー―ターミナル」という場所がありますが、それがフェリー発着場です。地図を少しずらすと見つかります。

フェリーターミナルの周囲の様子です

 

メルシンの宿泊事情

私の場合、街のメルクマールである交差点にほど近い「ホテル エンバシー(地図上ではEmbassy)」に泊まりました。予約サイトでブッキングすることはなく、飛び込みで行きましたが、とくに混んでいる様子はなく、スンナリと宿泊できました。当時は1泊MYR55.0(約1375円)でした。ネットで先ほど見てみたら、今も宿泊料はさほど変わっていないようですね。
ちなみに、このホテル エンバシーは、道からだと、食堂で入口につながっていて一見判りにくいかもしれませんが、表示があるので迷うことはないでしょう。エアコンやテレビは完備、Wifiも使えます。

私が滞在した「ホテル エンバシー」の部屋の様子をご覧ください

「ホテル エンバシー」以外にも、「ホテル メルシン(地図上ではMersing)」や「リバーサイド(地図上ではRiverside)」などのホテル、また「ホテル エンバシー」の道路を挟んだ向かいにもゲストハウスがあり、泊まる場所が見つけられないことはないと思います。ただ、予約サイトであらかじめ予約した方が、不安は少なくなりますよね。

サイトで予約可能なメルシン中心部ホテル情報
1.バックパッカー向け:1泊1名1000円以内のドミトリー中心
【ホテル名】 【住所】
Double K Riverside Hostel Mersing 55 JALAN SULAIMAN, 86800
Inari Hostel & Guesthouse 3rd Floor, No.35 Jalan Ismail, 86800
2.コスパを求める中級旅行者向け:1泊2000円程度の個室(ルームチャージ)
【ホテル名】 【住所】
Mersing Hotel No. 1 Jalan Dato Timor, 86800
MyRA Hotel 27, Tingkat 1, Jalan Ismail, 86800

これらのホテルの詳細な情報や宿泊料金は、下記サイトをご覧ください。このサイトのメリットは、現地払い可能なホテルが多く、クレジットカードで即時に引き落としがない点だと思います。また、予約の際にクレジットカード情報を必要としないホテルも多く掲載されているので、気軽に利用できます。


メルシンの食事事情

メルシンでは、「ホテル エンバシー」周辺に食堂が数多くあります。また、交差点付近のKFCは景観が良いうえに長居ができそうな様子で、ゆっくり休憩ができます。また、フェリーターミナルの周辺にもカフェが点在。マレー西海岸と比べマレー色がいくぶん濃いので、複数のルーをぶっかけて食べるカレー(「ナシカンダール」といいます)や「ムルタバ」(マレー系お好み焼きと申しましょうか・・・)などが手軽に食べられます。安ければ安いほど良いという方には「ローティー」(チャパティ、カレー付き)がおススメです。

メルシンで食べた料理、左(上)が「ローティー」、右(下)が「ナシカンダール」です

 

メルシンの観光情報

メルシンは、ティオマン島などの離島へ船で渡る際のゲートウェイとなる街ですが、見どころは・・・目立った観光地はたぶんありません。とりあえず観光地巡りをお考えの方は、交差点そばの中国寺院に行ってみてはいかがでしょうか。
ただ、マレーの田舎街でゆっくりしたい場合、メルシンはそれなりに居心地の良い街だといえます。メルシン川沿いをゆったり歩いていると、きっと子供から声がかかると思います。余裕があれば、そんな子供と遊んでみるのも良いでしょう。猫と戯れるのもイイかな。カフェでゆったりとしたい場合はKFCがあります。私の場合、この街は2泊で十分でしたが・・・。

 
では、次はクアンタンの街を紹介したいと思います。


<スポンサーリンク>