結局ティオマン島には渡らず、クアンタンに移動。郊外のビーチが想定外に美しく、満足度たかし!しかし、街中の雰囲気はあまり好みじゃない。中途半端に都会で、コンパクトさに欠ける。その上、サイトで予約したホテルが、値段が高いわりに・・・(;´д`)トホホ・・・結局2泊して、6月26日にはクアラトレンガヌに移動するのでした。

クアンタンの市街地ってどうなっているの?

クアンタンは、かなり大きな街です。例えば、スーツケースを転がして市内を歩くとなると、暑さとあわせ発狂するかもしれません。

大まかな位置関係について説明しますが、可能ならグーグルマップなどの地図アプリを開いてくださいね。グーグルマップでまずは、「Hentian Bas Bandar Kuantan」で検索してみましょう。これは、近郊バス・ステーションです。また、「Pasar Besar,kuantan」で検索をかけると、やや広いエリア(クアンタン市場)がヒットすると思います。つまり、市場の裏にバスステーションがあります。ただ、このバスステーションは近郊バスの発着場で、長距離バスの多くは、ここからさらに北西へ5㎞以上の郊外(車で15分くらい)にあるステーションに発着します。仮に、長距離バスステーションで降りてしまったら、市内バスに乗って、この近郊バスステーションに来た方が無難でしょう。ちなみに空港は、市内から南西に15㎞以上、車で20分程度の場所にあり、市内に出るにはタクシーを使うことになります。

クアンタンの中心街(ビジネス・商業エリア)は、「Jalan Bukit Ubi」通り沿いです(「Jalan」はマレー語で「通り」の意味)。そして、この通りの突き当りにある川が「クアンタン川」で、川沿いに遊歩道が整備されています。気の利いたカフェも川沿いにあるので、散歩するには良い場所です。「Pasar Besar周辺~Jalan Bukit Ubi~クアンタン川沿い」まで徒歩20分強といった感じでしょうか。とにかく、この辺りを歩けば、クアンタンの街をおおむね把握できると思います。

クアンタンの観光情報

クアンタン市内は、例によって観光スポットはそうは多くありません。まず、メインの観光先(散歩スポット)はクアンタン川沿い(プロムナード)の散策でしょうか。また、パハン州最大の規模を誇るモスク「スルタン アフマド1世モスク」は市内中心部にあるので、大半の方は”外側”から見物するのでは(ムスリム以外の方で、中を見物しようとする方は、あまりいないと思います)。郊外では、美しいビーチに出会えます。

クアンタン川沿い(プロムナード)

メインストリート「Jalan Bukit Ubi」を地図で下(南東)方向に歩くと、クアンタン川に突き当たります。

川の対岸には「Kuantan」のボードがあります。川沿いはプロムナードといわれる遊歩道が続いています。

川沿いのカフェの様子です。ネコも休んでいます。

この辺り、Jalan Bukit Ubi沿いのホテルから近いため、散策にちょうど良いのでは。

スルタン アフマド1世モスク

地図上では中央やや右に「モスク」とありますよね。それが「スルタン アフマド1世モスク(Masjid Sultan Ahmad Shah)」です。Jalan Bukit Ubi からでも、公園を挟んだ場所で判りやすいです。

このモスクにたどり着いたとき、やはり巨大だな~と感心しました。新しい感じに見えました。入口の案内もモザイク状のタイルが美しかったです。ただ、中に入るのは憚れるような雰囲気がありました。

では、郊外のビーチに行ってみましょう。「チェラティンビーチ(Cherating Beach)」です

クアンタン市内がかなりしょぼく、「やっぱりティオマン島へ行った方が良かったかな」などと思っていました。そこで、ガイドブック(古い「地球の歩き方」のコピー)を開いてみると、「チェラティンビーチ」の案内がありました。まぁ期待はしなかったけれど、行ってみると・・・思いのほか良かったです。とにかく人がいないで静か!水質は、フィリピンやインドネシアなどの離島とは比べてはダメだけれど、タイのパタヤやホアヒンビーチと比べると断然良かったです。行って損はなし!

クアンタンからチェラティンビーチまでの行き方

クアンタンからは、地図にもある近郊バスステーションから、クアラトレンガヌ方向に向かうバスに乗ります。バス乗り場で「チェラティン」と言っていれば、誰かが乗るバスを教えてくれます。私が行った当時は、クアンタンからチェラティンまで片道の料金はMYR4.7(日本円で120円弱)でした。今でも料金はさほど変わらないと思います。乗車時間は1時間弱といったところ。

バスでは、よく判らない橋のたもとのような場所で降ろされます。上の写真のように、何もない場所です。え、ビーチなんてどこにもないよって思いますよね。バスのドライバーが指さす方向に、バス道から分岐する道があるので、ご安心を。

沿道には、リゾート風バンガローが点在し、どうやらこの道を歩いていけば、ビーチに着きそうです。バスを降りてから、10分くらい歩くと、やっとチェラティンビーチに着きます。

うん、観光客は皆無、人がほとんどいません。子供が遊んでいましたが、写真を撮ろうとすると、はしゃぎながら走って行ってしまいます。カメラをカバンに入れると、また戻ってくる。結局、人が入った写真は撮れませんでした。

ビーチの食堂でナシゴレンを食べます。ここで、荷物を預かってもらい、30分くらい海に入りました。

同じ道を戻り、クアンタンに戻りました。ちなみに、バスは往きで降りた「橋のたもと」で待っていると、15分以内に来たと記憶しています。

クアンタンの歩き方(宿泊・食事)
バックパッカー向け クアンタンの宿泊事情

まず宿泊ですが、マレーシアで1泊1000円程度以下(MYR40.0以内)で泊まれる場所が、おそらくはバックパッカー向けと言えるでしょう。ネットで探せば、キャンペーン価格でコスパに優れたホテルにあたるかもしれません。ただ、ディスカウントなしの通常価格でMYR40.0以内の宿泊は・・・

上の地図で、赤いマーカーが2つ挿してある箇所は、クアンタン最大のマーケット(Pasar Besar)が位置しており、近郊バスターミナルもあります。実は、この一帯には「商人宿」とも呼ぶべき宿が点在しており、食事、宿泊ともにチープなエリアです。ちなみに、赤いマーカーのある辺りを拡大すると、「MayBank」の並びに、「Kuantan Backpackers」というゲストハウスが表示されます。この辺りの商人宿、清潔さを求めてはいけません。

クアンタン、暑かったです。自分の足でホテルを探すのが面倒になります。私の場合、前の滞在地メルシンで暑さのあまりダウンしかけたので、クアンタンでは予約サイトであらかじめ予約していました・・・そのホテルがひどかった。値段は1泊2069円とそこそこ高かったのに、温水が出ない!ゴキブリが多い!しかも暑い!ただ、この情報はずいぶん前のものなので、今はリニューアルされて、居心地の良いホテルになっていることと願いましょう。場所は「Jalan Bukit Ubi」沿い。

でも、この「Jalan Bukit Ubi」沿いは中級ホテルが多く、ビジネスマン向けに良いですね。とくに、南側の公園の周囲に中級~高級ホテルが点在しています。おすすめは、「Seasons View Hotel」「Hotel Sentral」「Mega View」など。公園(Padang MPK)の辺りを拡大してみてください。いずれにせよ、ビジネスマンやお金に余裕がある旅行者は、予約サイトで評判の良いホテルを選ぶのがおススメです。

サイトで予約可能なクアンタンのホテル
バックパッカー向け:1泊ルームチャージが1500円以内の個室で揃えました

クアンタンのゲストハウスは、1000円強くらいで居心地の良い個室部屋が結構あります。
私が宿泊した×××(名前は伏せます)がたまたまひどかったのですが、そこはホテル口コミでも評価は微妙です。安いしロケーションも良いのですが、下のリストには当然掲載しません。ちなみに、下の3つの宿は、リンクの口コミサイトの評価がいずれも8.0以上と非常に高い評価(!)がつけられています。

【ホテル名】 【住所】
Kosma Business Hotel B12 TINGKAT BAWAH JALAN TUN ISMAIL 1/1, KUANTAN PERDANA
Kuantan Guest House No.28,Jalan Dato’ Lim Hoe Lek,Taman Union
Pan Homestay No 16 Lorong Seri Kuantan 17

上記ホテルの詳細な情報や予約は、下記のサイトをご覧ください。このサイトは、予約時点では支払いの必要がなく、現地精算のホテルが多いのが特徴です。また、事前にクレジットカード情報を打ち込む必要がないホテルが多いのは評価が高いです。


バックパッカー向け クアンタンの食事事情

うん、これまで紹介した通り、マーケット周辺やクアンタン川沿いがベターだと思います。マレー系住民が多いため、中華料理店はクアラルンプールやペナンと比べると少ないと思います。カレー(ローティーなど)を出す店はすぐに見つかるし、値段も安い!ナシゴレン(フライドライス)やミーゴレン(フライドヌードル)を出す店もそこらじゅうにあります。

右の写真のスープ、名前は忘れてしまったが、とにかく激辛!こんな辛いスープ、タイでもあまりないよって感じでした。ただ、クアンタン川沿いなので雰囲気は良いです。

クアンタンの旅日記

ほぼ書きたいことは出尽くしてしまいましたね。

6月24日:メルシン11:30発のバスに乗車、クアンタンまでは4時間ほどかかりました。料金はMYR16.3。近郊バスステーションに到着しました。マレーシアではバスステーションの発券所でチケットを購入する場合、料金がチケットにしっかりと印字されるため、ぼったくられる余地はありません。あらかじめ予約したホテルまでは徒歩10分ほどで着きましたが、先ほど苦情を書いた通りでヒドイ!移ることも検討したほどです。が、とりあえず到着初日は街歩き。

6月25日:周辺のホテルを見ましたが、料金が折り合わない。ある程度、部屋のクオリティを求めるのなら、予約サイト&口コミ情報を使うべきですね。宿は、もう1泊ならと我慢。この街をぶらつくのも退屈なので、ビーチへ向かいました。

6月26日:クアラトレンガヌへ向け出発!


<スポンサーリンク>