バトゥフェリンギの一番の見どころはどこか、私なら迷わず答えが出ます。それは「夕陽の美しさ」。これほどの美しい夕陽、記憶をさかのぼっても・・・思い出せません。20年ほど前に、バリ島で見た夕陽は、オレンジから紫色に、そして漆黒の色に変わるまでのグラデーションがとても鮮やかで、それを超える夕陽はないと勝手に思っていました。ところが・・・これほど美しいオレンジ色を私は見たことがありせんでした。間違いなく、私が経験したもので、もっとも艶やかなオレンジ、この夕陽を見るために、1週間ほど、このバトゥフェリンギに滞在したのでした。
 

バトゥフェリンギの夕陽がどれほど美しいか、写真でお見せします
7月11日 到着日の夕陽

どうですか、これほどの夕陽。まさしくドラマチックですね!しかし、この程度の夕陽では涙を流すなんてことはありえまません!断言します。「あぁ、奇麗だったな」で終わる夕陽。
 

7月12日の夕陽 この日も大したことはありません

昼はゆっくり休み、夕方、ビーチにでも出ようかなと思ってみてみた夕陽。これでは大したことがありません。まぁ、もう1~2泊したら、別の街にでも行こうかな・・・なんて考えていました。
 

7月13日、この日の夕陽を見て、もうしばらく滞在を延ばすことを決心

どうですか、素晴らしい夕陽でしょう。でも、これが最高の夕陽ではありません!ただ、滞在を延ばすことを決意させるだけのインパクトはありましたね。
この日、夕方ビーチで一人、夕陽を見ていたら、現地のビーチボーイの方々から声がかかり、ジュースやカクテルをご馳走になりました。きっと、オッサン一人でビーチにいるのが気持ち悪かったのでしょう。もしかしたら海に飛び込んでそのまま・・・なんて思われたのかもしれません。ビーチボーイの人達もけっこう男気がありますね。一通りの自己紹介をすると、もう”友達”になることは万国共通です。この日以降、彼からはジュースなどを奢ってもらってばかりでしたが、こちらが食事などを誘うと丁重に断られてしまいました。
 

最高に美しい夕陽は、7月16日に訪れました

バトゥフェリンギのビーチボーイ達と仲良くなり、夕方、このビーチに来ることが楽しくなりました。そして、7月16日、最高に美しいひとときがビーチを覆ったのです。この写真を見るだけでも、その美しさは想像できるのではないでしょうか。
 

ビーチにオッサンが一人でいて、昼は何をしているの?

こうしたビーチリゾートに一人で来て、夕方の楽しみ方は判ってもらえたのではないかと思います。では、昼間は何をしているのか・・・?まぁ、気の向いたところへフラッと出かける感じですかね。では、シングル旅行者のバトゥフェリンギ昼の過ごし方を紹介します。

高級ホテル巡り

バトゥフェリンギは、ビーチ沿いに2km以上にわたって高級リゾートホテルが立ち並んでいます。私の滞在していた、「ゴールデンサンズ リゾート」から、上の写真の「ハードロックホテル」まで歩いたら、もう汗だくです。Tシャツ+海パンで歩いているので、オッサンがホテルに入って行けば、宿泊客に見えてしまいます。度胸があれば、プールに入ってもバレルことはないでしょう・・・!?
 

市内バスに乗ってペナン島巡り・・・これが普通かな。「テロッバハン」がおススメです

ジョージタウンからバトゥフェリンギを通る、ペナン島北側のビーチエリアを巡る道路は、テロッバハンで突き当たります。101番や102番のバスも、ここが終点となります。一応、ペナン島の外れに来たなという実感が湧きますよ。

車道の突き当りから、国立公園のジャングルを散策する道が出ており、まぁ、猿くらいには会えます。ちなみに、この街、海鮮料理で有名らしいのですが、オッサン一人で海鮮にトライは無理でした。バス料金は、バトゥフェリンギからテロッバハンまで2012年7月当時でMYR1.4(約35円)、現在も値上げはあまりされていないはず。
 

地元大型スーパー「テスコ」がストレーツキーにあります。1日数本の無料送迎バスで行きましょう

バトゥフェリンギからジョージタウン方向に車で15分程戻った場所に、ストレーツキーという場所があります。その辺りは、ペナンに移住したセレブマダム(?)たちの買い物スポットになっていて、テスコなどの巨大ショッピングモールもあります。実は、バトゥフェリンギのリゾートホテルを巡りながら、このショッピングスポットを往復する無料バスが運行されていました(現在、このバスがあるかどうかは不明、今度、確かめに行きます)。確か朝10時頃から夕方まで1~2時間に1本の割合と運行本数は少なかったですが、無料はありがたい!ということで、私もこのバスに乗り、テスコに行きました。まぁ、ドリンクや菓子類を買い込みに行っただけですが・・・。ところで、当時このバスに乗っていた乗客があまりに少なかった!セレブの観光客は全く乗っておらず、無料が楽しみな、地元おばちゃん(とてもじゃないが、ショッピングとは縁がなさそうな人)が1~2名ほど見かけただけ。おそらく、今では運行停止しているのかなと思います。


<スポンサーリンク>