バリ島旅行記2012年8月12日から8月25日までの2週間程度は、クタ、レギャン、サヌールなどのビーチリゾートでマッタリと過ごしていました。しかし、ビーチリゾートで過ごす日々って、記事にすることはないんです。

 
クタやサヌールのビーチで、たった一人2週間の滞在・・・何をしていたのでしょうか?実は、ビザ延長のため、パスポートをグラライ空港そばのイミグレーションオフィスに提出してしまっていたのでした。都合、3回もイミグレオフィスに出頭、2週間近くかかりビザ延長をしたのですが・・・。今やこの情報、大半の人には必要ないですよね。2015年6月以降、日本人のインドネシアへの30日以内のビザなし渡航が解禁(復活!)。それ以上滞在したい場合は、一度インドネシア国外に出国した後入国すれば、再び30日間のビザなし滞在が許可されます。
ビザ延長に要した時間と手間を返してくれ!しかも、その間中パスポートが手元になかった!ゲストハウスを変わるのは当然リスキー、銀行で現金両替をするのも断られてしまった、そんな昔話、今さら書きません。
 
では、この2週間のクタ&サヌール生活で何をしていたかを書き出してみます。

  • 午前:ビーチの散歩。地元のワルン(食堂)やカフェをひやかす。
  • ゲストハウスに戻り、ネットチェック&Youtube。同宿の人とマッタリだべる。再びビーチへ。
  • カフェやバーでビールを飲みながら夕食。同宿の人と出歩くこともあるが、基本は1人。

基本的にビーチリゾートって観光する場所ではないので、ルーティーンな生活になってしまいがちです。でも、こんな日々、私はけっこう好きでしたが、記事にするには・・・微妙ですよね。
 

まずは、クタ&レギャン ビーチの光景です

 

このアイドルグループはいったい誰なんだ~?

ちなみにこの写真、なにかテレビ撮影をしていたのですが、この若い子たちって地元の人気アイドルグループなのでしょう。もしかしたらAKB48の姉妹グループ、JKT48なのでしょうか?
 
しかし、クタってうるさくて、何日かいると飽きてくるんです。実は今回の旅をしてきたマレーシアやスラウェシ島では日本人と会う機会がほとんどなく、誰かと日本語で話した~いという欲求がありました。ここクタで同宿の日本人たちと会い、喜んで日本語で話しましたよ。しかし、何日か顔をあわせるうちに、次第にうっとうしくなる。
彼ら、同宿の日本人たちは某サイトの信奉者らしく、やたらとそのサイト情報を鵜呑みにした意見や評価を言う。私はそれまで某サイトを知らなかったのだが、検索してみると確かに情報量が豊かで読んでいて面白い。ただ、そうしたサイトの情報そのままに人にしゃべるのは、あまりにも痛々しい。もっと自分の目で見て意見を持とうよ!(ちなみに、他の場所でもこの某サイト信奉者が集まる街がありました)
 

次に、サヌールの様子を紹介

クタから離れたいなと思ったが、こちらはパスポートがない。別の街へ行って、自分の足で宿探しをするのもリスキーなので、予約サイトであたったゲストハウスに、いちいちパスポートなしで泊まれるかどうかメッセージを書き込みました。

こちらのゲストハウス「Prima Cottage」Agodaで予約した高級ゲストハウスです

こちらのゲストハウス、なんと1泊3000円に近い値段・・・、ただ、こちらのメッセージに対して同情の返信をくれたのが決め手になりました。場所はサヌール、クタからはプラマ社のバスを使えば行きやすい場所ですよね。
 

着いてビックリ、とにかく部屋が広い!プール&朝食もGOODでした。しかし、この値段で何泊もするのはキツイと思い、他のゲストハウスを何軒か当たりました。
 

Prima Cottageの特筆すべき点は、なんと「ジャコウネコ」を飼っていること。ジャコウネコといったら「糞」、高級コーヒー「コピルアク」の原材料として有名ですね。
 

次に移動したゲストハウス、宿泊費1泊Rp100000、サヌールではかなり安いと思う

自分の足で探したゲストハウスはパスポート提示なしでOK、1週間の滞在を条件に1泊Rp100000(当時の換算レートで850円くらい)にしてもらう。ゲストハウス名は「Lila Homestay」、サヌールのナイトマーケット会場から歩いて5分ほどの場所にあります。部屋は、写真の通りかなり清潔で広い。明るいつくりで十分にくつろげました。
 

では、サヌールビーチをご覧ください

テンションがとくに上がるビーチではないですが、のんびり落ち着くには良いと思います。
 

バリらしく、ビーチの前にもヒンドゥ寺院があります。この信仰空間がバリの魅力ですね。
 
次回記事では、クタ&サヌールにいた間の食事情(多くはナシチャンプル!)を報告します。


<スポンサーリンク>