2020年12月現在も千葉県主催で実施中の『ディスカバー千葉』キャンペーンでは、最大2万円分の宿泊補助が受けられる抽選キャンペーンが行われていますが、けっこう当選確率が高いのか、私にも当選通知の案内が来ました!Luckyだぜ~!!実は私、抽選というモノに全く縁がなく、例え当選したとしても悪天候によりイベント自体が中止になるなど、とことんクジ運から見放されてきた男なのです(例えば昨年でしょうか、ナローゲージが大好きな鉄道ファンなら誰もが憧れる「立山砂防軌道」乗車抽選会に見事当選し意気込んで富山に向かったのですが……当日は悪天候のため乗車会が中止となりました。いまだに富山のビジネスホテルでウゥゥと声にならぬ嗚咽をあげる情景から目覚めることも?)。
 
 こんなオヤジですから、当選したからといって何か裏の事情でもあるのだろうと訝しい気持ちでいっぱいでしたが、例えツキに見放されようと一人ではなく妻と一緒なら悪運を幸運に変えられるかもしれません。そこで11月25日から2泊3日の旅程で、千葉県南房総市を代表する観光スポット野島崎灯台のすぐ脇にある『ホテル南海荘』を予約したのでした。野島崎は房総半島最南端=島嶼部を除けば関東地方最南端にあたる場所で、千葉県といえども東京からはかなり時間がかかる場所。まずは館山までバスで向かいました。
 

 館山の食堂でさっそく男の街の意気込みを感じる


 館山に着いたのは折よくランチ時、駅近の食堂に入ったのですが中には漁師と見紛うような屈強な男性たちが所狭しと座っていた。まぁ私が入るタイミングで皆さんは退出したが、さすがは房総館山=男の街と感心する。
 
 確か700円くらいの安い日替りランチを頼んだら、そのボリュームとクオリティの高さに驚愕。イナダやタイの刺身が盛られた皿とは別にマグロのフライが盛られた皿も別に運ばれてくる。しかもさすがは漁師街です。味や鮮度はもうスバラシイのなんの。私、館山に住んでも構いません!
 

 ホテル南海荘 宿泊記:南国情緒のサービスが何とも心地よい素晴らしいホテル

 ホテル南海荘は野島崎にあり、グーグル先生によれば館山駅からは13km、クルマで24分とそれなりに離れた場所にあるが、ホテルに連絡したところ館山駅まで迎えに来てくれるという。優しいぜ!

 さすがは房総最南端に位置するホテルだけあり、客室からは真正面に見える太平洋が眩しい。野島崎灯台も確かに間近に見えていたが、この時はローソクみたいだと思っていた……これがまさか男の荒々しいイチモツのメタファだとは気づいていなかった分、幸せだったかもしれない。
 
 南海荘での食事はバイキング方式でしたが、どの料理も例えば刺身なども大ぶり&厚く切られており、とにかく太っ腹なのには驚きました。そして極めつけは伊勢海老いせえびイセエビ・・・ヤッホー!

 刺身として細かく切り刻まれた第1形態の伊勢海老君。細かく切り刻まれ可哀想だぜ。
 

 次は煮えたぎる味噌で煮込まれる第2形態のいせえび君。釜茹での刑に処せられるなんて残酷だぜ。
 

 第3形態のイセエビ君は焼かれた状態の鬼殻焼きという料理。ロースターの中での炎熱地獄とは、これを悲惨と呼ばずして何と表現すればよいのでしょう?
 
 こうして世にも恐ろしい3形態のise-ebi君を美味しく食して大満足の私たち。君の貴重な命は私たちの大切な血肉となったよ、アリガトウ!
 
とりあえず、ホテル南海荘2泊分合計の宿泊費明細を記しておきます。
<宿泊費明細>
 宿泊費:39480円(税・サービス料込)
 -割引:35018円(GoTo13818円、千葉県クーポン20000円、じゃらんクーポン1200円)
 ⇒⇒⇒⇒⇒
 支払額:4462円
 -GoTo地域共通クーポン:6000円分Get
 -予約サイト:3948ポイント分Get
 ⇒⇒⇒⇒⇒
 実質5486円の黒字
 
いや~これはスゴイです!野島崎の美しい景観を独り占めにした上に、ise-ebi君を始め豪華絢爛な海鮮料理をいただき、温泉ライフを楽しんだ2泊。それが大きな出費を伴うのならマダしも、実質5486円分の黒字状態です……さすがは南国、太っ腹だぜ!


<スポンサーリンク>