マドリッドまで無事に到着しホッと一息をついたのも束の間、ハイな気分に眠りが浅く、深夜・早朝とマドリッド中心部を徘徊しました。危険はないの?面白い場所はあるの?
 

3月17日:マドリッド到着後の光景

夜のプエルタデルソル

カタール航空便の代替フライト、エールフランス便は、無事、マドリッドに到着。ホテルがある「Sol」(ソル)駅で地下鉄を降りたときは、すでに日は落ちていますが、ここは、マドリッドの中心地「プエルタ デル ソル」、21:00頃はまだ人が多く、難なくホテル(Hotel San Isidoro)に着くことができました。

 

プエルタデルソルとは対照的に、マヨール広場は人影がまばらで、少し不安になる

夕食(夜食?)がてら、23:00を過ぎてから、ホテルにほど近いマヨール広場界隈を徘徊するも、人が思ったより少ない。若者はいるが、これだけ広い場所にアジア人2人だけで深夜にいるのは、かなり不安でした。実は、スペインは観光客にとって治安がさほど良い国ではないことは知っていたので、ここはすぐに退散して、食事場所を探しました。

 

スペインバルの強烈な魅力。生ハム「ハモンセラーノ」がとにかく旨い!

マヨール広場からほど近い場所に、なにやら賑わっている肉屋(?)を発見。覗いてみると、大勢の人たちがスタンド形式で飲食をしている。そう、「これがスペインバルなんだ」と気分はハイに、ふと見ると2階にも客がいるので上がって行くと、テーブル席がありました。日本を出発して以来、久々に、落ち着いて食事ができると思い一安心!

 
あらかじめ申しておきますと、この「世界旅行記シリーズ」、ほとんどの旅行は私の伴侶と一緒に旅行をしています。大半の写真には彼女が写っているので、公開できる写真が少なくなってしまう・・・と一応、最初に言い訳を。本当に素晴らしい写真が公開できなくて残念、でも、この写真だけでもおいしさが伝わるかな?この後「究極のハモンセラーノを巡る旅」と題しても良いくらい、この生ハムにはまってしまいました。

 
 
ホテルに戻り、テレビをつけると、相も変わらず震災のニュースばかりが流れている。当時、日本から直行便も飛んでいないような遠い異国の地スペインでも、あの津波の映像が繰り返し流れているのは、やはり気が重くなります(この時点では、原発事故のニュースはほとんど報告されず、津波被害の映像が多く流れていました)。ホテルロビーに行くと、誰かから同情の言葉がかかりましたが、どこか好奇に満ちた視線も同時に受けたのは忘れません。また、日本が困難な状況にある中、自分たちがこれだけ楽しんで良いのかと自問しているうち、夜は更けていくのでした。
 

3月18日:結局ほとんど眠れずに、朝を迎える

早朝のプエルタデルソル

ベッドについても考え事ばかりして、結局ほとんど眠れませんでした。まだ、夜は明けていませんが、早朝の街をぶらついてみました。朝のプエルタ デル ソルには誰もいません。この誰もいないヨーロッパの街角の光景、映画の1シーンを連想させるけれど、何の映画かな・・・私は「オーメン」や「エクソシスト」などオカルト映画で登場する、神父が歩くシーンを連想します。

 

ホテルのすぐそば、「Chocolateria San Gines」で絶品チュロスとチョコラータを堪能

「Chocolateria San Gines」(チョコラテリア サン ヒネス)は、マドリッドでも著名なチュロス専門店です。誰もいない街をぶらつく勇気は私にはなく、ホテルのすぐ裏手にあるこのチョコラテリアにいざ参上!

早朝から濃厚なチョコラータ(チョコレートドリンク)は寝不足でぼやけた頭にガツンとくる味でした。これほどの濃厚なチョコが流れ込んでくる~、私は甘党なのでこの味が大好き!チュロスと合わせ、もう感涙ものです。
 
 
この日は何をしようか、とチョコラータを飲みながら考えていました。マドリッドの喧騒と人混みの中を観光はしたくないし、こんなぼやけた頭でスリなどの犯罪に巻き込まれるのは御免です。ホテルに帰っても、テレビをつけてしまい結局は休まらないな、などと考えるうちに、思いついたのは・・・「そうだ、トレドに行こう!」


<スポンサーリンク>