ランテパオはトラジャ観光の拠点として賑わっていますが、この街自体を楽しむ方は意外に少ないでは・・・? 確かにこの街では、目立った観光スポットや楽しいナイトライフが待っているわけではありません。しかし、滞在してみると落ち着いた環境の中で、心身がリラックスしてくることが判ります。何かと暗く陰鬱な光景に出会う機会が多いトラジャで、ランテパオはオアシスのような街だと言えます。

ケテケスから戻り、少し気が塞いでいたこともあり、ランテパオの街を改めて歩いてみました。
 

ランテパオの中心街はこうなっている できればグーグルマップをご参照ください

グーグルマップでは「Jalan Ahmad Yani, Rantepao」で検索してみましょう。この「Jalan Ahmad Yani」がランテパオ市内を南北に貫く目抜き通りです。

「Jalan Ahmad Yani」と「Jl.Diponegoro」の交差点辺りに「ベモ乗り場」があります。ここから南に500mほど歩くと「ツーリストインフォメーション」があり、この間がランテパオの繁華街と言えるでしょう。ちなみに、このツーリストインフォメーション、前の記事に愚痴って書いたものです。向かいには新しいトンコナンが建てられたプロテスタント教会(グーグルマップでは「BPS Gereja Toraja」と表記)があります。

ベモ乗り場から西に少し歩くとカトリック教会(グーグルマップでは「Gereja Katolic St.Theresia,Rantepao」と表記)があります。実はこのカトリック教会の周囲にホテルが多く集まっており、教会の向かいには、やや高級な「Indra Toraja」や「Hotel Luta Resort」、カトリック教会から50~100mほど南に、私が泊まった「Wisma Maria Ⅰ」などのリーズナブルなホテルがあります。また、このエリアは外国人宿泊客が多いため、レストランや中華食堂、バーが何軒かあり、便利な場所となっています。
 

ランテパオの歩き方:ランテパオの見どころスポットを独断で紹介
カトリック教会(マーカーで記した教会)

バックパッカーの方ならホテルを探す際の目印になる教会。写真では手前のイスラムモスクの奥に、教会の高い塔が見えます。この教会、礼拝堂に入らなければ、その価値が判らないかもしれません。カトリック教会ですので、礼拝堂の前面には十字架にはりつけられたキリスト像があります。見どころは、その下や周囲にデザインされたトンコナン。トンコナンと言えば、トラジャ族伝統の宗教儀礼に根差した遺体の安置場所であるはず。この古いアニミズムに基づくトンコナンがデザインされているということは、社会学的に言えば、世界宗教であるキリスト教の現地化、伝統宗教との習合の場ということになります。ちなみに、このカトリック教会のすぐ隣にはイスラム教の礼拝の場、モスクがあります。トラジャの信仰の現場を見ると懐の深さを感じます。
なお、こうした習合の実例は、ツーリストインフォメーション向いのプロテスタント教会でも見ることができます。
 

マーケット

マーカーで記したカトリック教会とベモ乗り場の間には、小さな地元仕様のマーケットがあります。山の中で売られる海鮮物などを見ていると、いつの間に時間が過ぎ去っていきます。
 

実は、ランテパオで歩きたい場所は、川むこう(川を渡った西側)にある

マップの中央部を見ると川が流れていて、その川の先(西)は道がかなり少なくなっています。実は、川むこうは農村地帯で、豊かな田園と、とても閑静な集落が広がっています。右(下)の写真はおそらく牛皮でしょう、なめし皮を作っている光景だと思われます。
 

こちら側、外国人が歩くことはめったにないのでしょう。子供たちに絡まれ、さんざん写真をせがまれました。生意気そうな子供たちでしたが、こうした子たちと遊ぶのは楽しいものです。
 

少し歩くと、とても感じの良い集落に突き当たりました。古いトンコナンが残り、農作物の貯蔵用に使われている様子。きれいな英語で話しかけられ振り返ると、仲の良さそうな若いカップルが立っていました。お宅に案内され、お茶をご馳走に。カップルと書きましたが、実は2人は兄妹でした。
ちなみに、写真の状態が悪いです。ケテケス訪問後、レンズの調子がおかしくなった影響です。
 

ランテパオのホテル街

ランテパオでリーズナブルなホテルを探すのなら、やはり先に挙げた「カトリック教会の向かいから南側」がおススメです。最近は、ベモ乗り場から北のエリアにも外国人向け安宿が増えてきています。ただ、宿の位置はやや分散していて、先に挙げた「カトリック教会」の方が、エリアが狭く固まっている分、断然探しやすいやすいと思います。また、カトリック教会自体、メインストリートから1本外れているので、静かに過ごすことができます。

なお、高級ホテルに関しては、ランテパオ郊外部にあることが多く、市街地エリアからはベチャやオジェッ(三輪タクシーやバイクタクシー)、ガイド付きタクシーなどで移動することになります。そんな、優雅な旅もたまにはイイですね。

ホテル予約に関しては、以下のサイトがおススメです

こちらは格安ゲストハウスなどの取扱が多く、キャンペーン価格も多数掲載されています。
Booking.com

 
 
次回記事では、再びトラジャ各地の集落を巡った旅行記を、多くの写真とともに紹介します。


<スポンサーリンク>