ランテパオの北部にはバトゥトゥモンガやレンポという棚田の光景が大変美しい山間の桃源郷がある。こうした”桃源郷”はベモで直接行くことは難しいが、何とか自力で行ってみた。そして、バトゥトゥモンガから山を下ると、今度はボリという、ユニークな洞窟墓がある村にたどり着いた。これらの集落を、ベモとヒッチハイクと自分の足だけで巡る実録です。

 
8月3日、トラジャ滞在5日目、朝食を摂りながら、どこへ行こうかガイドブックのコピーを見つめていると、「バトゥトゥモンガ」という場所が、どうやら景色がキレイとのこと。よし、行ってみよう!ただ、行き方がよく判らないけれど・・・。
 

トラジャ北部に行くためには、まずボルのベモステーションを目指しましょう

宿の兄ちゃんに地図を見せおおよその行き方を尋ねると、まずは「ボル」へ行けとのこと。そう、ここには以前の記事で示したように、巨大なベモステーションがあるのでした。サダンやパラワを含め、ランテパオより北へ行く場合、まずはボルまで頻発するベモで行き、そこで各々の目的地に向かうベモに乗り換える必要があります。
 

バトゥトゥモンガまで、遠い道のりでした!まずはパンリを目指します

ボルまでは簡単に行けます。バックパッカーの初心者でも簡単に行けるでしょう。ここで、「バトゥトゥモンガ、バトゥトゥモンガ」(Batutumonga)と連呼しても、無視されるだけでした。しかし、どこかから助け船が来てくれるのは、いつもの通り、簡単な英語を理解するお兄さんが声をかけてくれました。彼が他のベモのドライバーたちから集めた情報を総合すると・・・

  • ボルからバトゥトゥウモンガ方面に直通するベモは極端に少ない。朝夕の数本しかないので、私が来た時間はベモはない
  • もし、バトゥトゥモンガへ行きたいのなら、「パンリ」へ行くこと。パンリで、バトゥトゥモンガ方向とサダン方向への道が分岐している
  • 「パンリ」で運が良ければベモが捕まるかもしれない。Goo~d Luck!

は~、パンリへ行くのか。そこ、3日前に行ったんだよな。ま、バトゥトゥモンガまで行けなかったら、またサダン方向にでも行ってみましょう、ということでパンリに。ベモのドライバーはバトゥトゥモンガ方面に行く分岐で降ろしてくれました。おそらく英語をしゃべるお兄さんが説明してくれたのでしょう。
 

パンリからは、ヒッチハイクでバトゥトゥモンガを目指します

まぁ、予想通りGood Luck!とはいかず、ベモを降りてから、車が通る気配すらありません。こうなったら、ベモなんて待つんではなく、トラックでもよいから得意のヒッチハイクをしようと、道を歩き出しました。
何分か待つとトラックが来ます。手を振って車を止めて「バトゥトゥモンガ」と連呼しました。ドライバーは首を振って、「そこには行かないよ」と言っている様子。地図を見せると、途中の「レンポ」(Lempo)という村まで行くことが判りました。そこから、Batutumongaはどうやら歩いて行ける距離に見えたので、トラックに乗車。タダとはいかず、5000ルピア(IDR5000=約43円)支払いました。
 

レンポ(Lempo)でさっそく美しい棚田の光景に遭遇。バトゥトゥモンガまでピクニック気分

トラックはずいぶん山道を登り、「ここまでだよ」という感じで私を降ろしてた後、山の小道に入っていきました。そこから、バトゥトゥモンガまでは、トラックドライバーのジェスチャーでは30分くらい歩くとのこと。降りた場所で、さっそく美しい光景が広がっており、近くに”茶屋”がありました。これから、楽しいピクニックが待っていそう。
 

道中の景色です。いくつか集落を通り過ぎます

歩いていくうちに、十字架がかたどられた集落にたどり着きました。こちらの”教会”に人影はありましたが、コミュニケートはほとんどとれません。ただ、「バトゥトゥモンガ」と言いながらネットで拾った写真を見せると、手で先の方向を指します。まだ、歩くようですね。
 

いよいよ、バトゥトゥモンガに到着。って、ここが目指していた場所かな!?
バトゥトゥモンガの集落に到着?でも、ネットで見た場所とは違うような・・・

15分ほど歩き着いたこちらの集落、「バトゥトゥモンガ」と聞くと、「イエス、イエス」と返答がありました。あぁ、意外に近かったなと思いながらもネットの写真を見せると、首を振られてしまいました。うん、確かにここは違うよなと思いながら、私の足を自分で叩き「歩いて近いの?」というジェスチャーをすると、両手で10の字を作ってくれました。あと、10分くらい歩くのでしょうか。
 

この辺りの集落にも岩窟墓がります

 

ようやくバトゥトゥモンガ写真の場所に到着。そこはレストハウスでした

確かに、先の集落から10分ほど歩くと”写真の場所”に到着。そこはレストハウスで、レストランと宿泊施設が併設、ただ、開業しているのかどうか、にわかには判りませんでした。とりあえず中に入るとレストランは開いているとのこと。まぁ、ここまで来て泊まる人は、そうそういないのでしょうね。昼食を用意してもらいました。
 
ここから、ランテパオへの戻り方を尋ねると、ベモを捕まえるのは難しいとのこと。ここまで来るベモがあった時だけ折り返して行くようです。つまり、ここまでのベモがなければ、いくら待っても無駄な時間を過ごすことになりそう。うん、それは困った・・・という顔をすると、「脇の山道を歩いて、ティカラまで行けばベモがある」とのこと。また、仮に車が通れば同乗を一緒に頼んでくれると言ってくれました。優しいぜ!
 

バトゥトゥモンガからティカラまでの道・・・人生、苦もありゃ楽もあるさ!

どうやら、一台の若者がバイクでティカラに行くとのこと。同乗を快く引き受けてくれました。Lucky!・・・と喜んだのもつかの間、バイクは急な傾斜の山の泥道を下っていくのです。しばらくは耐えましたが・・・無理でした。バイクの若者には丁重に礼を言いながら、お金を渡そうとしましたが、彼はそのお金を頑なに受け取りませんでした。
 

歩きながら驚きました。この辺りの墳墓、すごく変わっている・・・ボリの洞窟墓

バイクから降りて歩き出すと、崖を四角にくりぬいた墳墓が目立つようになります。こうした墳墓、予備知識がありませんでしたが、どうもトラジャの墳墓群でも異彩を放つものとして著名なものらしいです。
 

私が見たうちで、もっとも規模の大きい墳墓。近くには巨石が立ち並ぶ葬祭広場がありました(こちらも予備知識はなく、後にネットで葬祭広場だと知りました。ただ、ネットでヒットするものより規模は小さそう)。
 
こうしてティカラまで戻りました。ここでもう一つ、サプライズが。ベモの乗り場が判らず、近くのトラックのドライバーに「ベモ、ランテパオ」と声をかけました。すると、理解したのかしていないのか「乗っていけ」のジェスチャー。ランテパオまで乗せていただき、お金もとられませんでした。


<スポンサーリンク>