タイ南部旅日記

クラビ アイランドホッピング報告:チキン島、ポダ島

クラビタウン・クラビ川に停泊していたボートドライバーに相談し急遽参加したアイランドホッピングツアーは《アオナンビーチ→タップ島→チキン島→ポダ島→プラナンビーチ》と巡るもの。前回記事でそれとなく書きましたが、欧米人主体の日帰りツアーに私たちを紛れ混ませたもので、ツアー代金自体は相場と比べ非常に格安で…
続きを読む
タイ南部旅日記

クラビを代表するビーチといえばプラナン一択でしょ!

クラビタウンで申し込んだ日帰り4島スローボートツアーもいよいよ終盤となりました。クラビで最も賑わうビーチはアオナンですが、それだけでは物足りません。マレー半島部にありながら、一般的にはボートでしか行けない秘境ムードが満載のビーチ、プラナンへ行かなければ、わざわざクラビまで来た価値が半減するというもの…
続きを読む
タイ南部旅日記

パンガーの街(パンガータウン)の歩き方を徹底解説!

クラビタウンでの滞在もそろそろ飽きてきて、別の街に移動することにしました。私たちはシンガポールからマレーシアを通り、マレー半島を北上しているので、ここで常道ならプーケットへ向かうのが一般的でしょうか。ただ、私は大のプーケット嫌い!プーケットのリゾートビーチもプーケットタウンにも行きたくない・・・とい…
続きを読む
タイ南部旅日記

パンガー湾ツアー、現地で探した激安ツアーの内容とは?

パンガーの街は、バックパッカーにとってコンパクトにまとまった居心地の良い街、ここで数泊を過ごすことに決定。そして、せっかく有名な観光スポットの入口に滞在しているのだから、日帰りでパンガー湾ツアーに参加することにしました。   一般的にパンガー湾観光はプーケットから出発する1日ツアーに参加す…
続きを読む
タイ南部旅日記

パンガー湾の奇景:ムスリムが築く水上集落は巨大な要塞

今回参加したパンガー湾ツアーで、私にとってもっとも興味深かったのは、パンガーの港からほど近い場所にある巨大な水上集落でした。この集落は「コパンイ(パンイ島)」の周囲に築かれ、1500人以上の人口を抱えた大きな町です。しかも居住民はほぼ全てが、ムスリムである点でも大変ユニークでした。   今…
続きを読む
タイ南部旅日記

タイ国境の街ラノーンではマーケット探索が楽しい!

クラビやパンガー湾などタイ南部のリゾートエリアを存分に楽しんだ私たちでしたが、パスポートを見るとタイの滞在期限が刻々とリミットに近づいてくるのに少々不安を覚えていました。タイをいったん出国した後すぐに入国をする、東南アジアを長期旅行する者にはお馴染みのビザランをするタイミングですね。   …
続きを読む
タイ南部旅日記

タイ・ラノーンは温泉街、露天風呂で極楽気分を満喫!

タイには何度も訪問している私ですが、ラノーンに足を運んだのは初めて。ビザランのため、ミャンマーのコートーンを日帰り旅行するために立ち寄ったわけで、長居するつもりは当初ほとんどありませんでした。ただこのラノーン、前回の記事で報告しましたが、コスパの良いホテルに泊まり、ローカルな市場を探索、コンパクトな…
続きを読む
タイ南部旅日記

ラノーンからコートーンへの国境越えボートでビザラン

タイ・ラノーンに滞在したのは、いったんミャンマーへ抜けてからタイに再び入国しなおす「ビザラン」が目的でした。ただ、ラノーンの街の居心地が想像以上に良く、いつしかこの街から抜け出すことさえ面倒に思えるようになる。しかし、さすがに滞在期限が迫る中、そろそろタイを出国しなければ不法滞在になってしまう!重い…
続きを読む
旅のノウハウ(テクニックとお金)

現地ツアーに格安で参加する方法を伝授します

この記事と並行してタイ旅行記を更新しているのですが、そこで続けて現地で日帰りツアーに格安で参加したことを報告しました(クラビ、パンガー湾)。そのツアー価格は、旅行会社の方から絶対に口外するなとカタく言われているので、ここでは言えません。ただ、主催元の現地旅行会社で参加する価格と比べて極めて安いのは確…
続きを読む
オッサン仕事を辞めて旅に出たエッセイ

AIが創る未来社会で私たちと社畜の生き方はどう変わる?

AI社会が創り出す明るい未来像について、私の意見を述べます 昨今は何かと話題になるAI(人工知能)について私の意見について、ある程度まとめてしまえば次のような未来社会が待ち受けているのではないでしょうか。 ■AIが労働を分担(生産に関する全労働=資源探索・掘削から生産までの全工程をAIが行う) ⇒⇒…
続きを読む