沖縄・八重山旅日記

【2019年版】石垣島&八重山観光でお得なフリー切符一覧

沖縄を旅行する際、移動の足はどうしているでしょう?おそらくツアーバスやレンタカーを使う方が多いのでは。しかし、私の旅でレンタカーを使うことはまずありません。公共交通機関、つまり鉄道やバス、フェリーなどを使うことを前提に旅を進めているのです。石垣島を拠点とした石垣島内観光や八重山諸島のアイランドホッピ…
続きを読む
沖縄・八重山旅日記

鳩間島 旅行記:鳩間島の観光情報と歩き方を紹介

石垣島の沖合い約30㎞の場所にある鳩間島は、周囲が約、人口が44人(2018年3月現在)と大変小さな島。2000年代前半までは訪れる観光客は年間500名前後とまさに少なく秘境と呼ぶにふさわしい離島でしたが、2005年に放送されたドラマ『瑠璃の島』のロケが行われたことで一躍有名となりました。 ただ、観…
続きを読む
沖縄・八重山旅日記

竹富島の食事は竹の子と「ぱいぬ島」のかき氷、絶品です!

石垣島から離島に渡るとしたら、真っ先に候補先に挙がるのは竹富島ではないでしょうか。石垣島の市街地にある石垣離島ターミナルからフェリーで10~15分程度、フェリーの便も午前7:30~夕方17:30まで30分間隔(昼間は1時間間隔)で運行されているなど、非常にアクセスしやすい点も人気の理由でしょう。 &…
続きを読む
沖縄・八重山旅日記

竹富島の島内観光は竹富島交通の巡回バスが便利で格安!

沖縄の離島を巡る上でもっとも不安なことは、現地での移動手段の確保ではないでしょうか。レンタカーを借りられれば良いですが、例えば竹富島のような小さな島にはレンタカーやタクシーの配送会社はありません。ただ、竹富島の面積は約㎢、竹富島の港からカイジ浜(私が島内で一番美しいと思うビーチ)まで約~、歩いて行け…
続きを読む
沖縄・八重山旅日記

石垣島、米原で過ごす観光:ビーチ、陶芸、ヤシの群生林

石垣島で観光と言えばどこが思い浮かびますか。川平湾で美しいビーチを見学した後にグラスボトムボートに乗船、あるいはレンタカーを借りて最北端の岬・平久保崎や途中にある玉取崎展望台を目指すのもイイですね。 ただ、川平湾は確かにバスでも行きやすいロケーションですが、その分ツーリストが多い上に、ビーチで泳ぐこ…
続きを読む
沖縄・八重山旅日記

旅の日程

2012年以降は2017年10月まで東南アジアを拠点に海外で生活するように旅をする「旅生活」をテーマに過ごしております。ただ、この間ずっと海外にいたわけではなく、時には日本に戻り、ホテルに長期滞在したりウィクリーマンションを借りて地方各地を巡っていました。今回の記事は《番外編》、2013年7月から9…
続きを読む
東南アジア旅日記

カンボジア旅日記.1:全7記事

ラオスからカンボジアに入国、メコン川沿いに南北に縦断した記録です。昨今イルカウォッチングができる街として密かな人気を呼ぶクラチエ(クラティエ)と、シェムリアップの近郊にありながら観光客が比較的少ない穴場的なアンコール遺跡を中心に紹介します。 ラオス~カンボジア陸路の国境越えで厄介な悪徳役人(2018…
続きを読む
カンボジア旅日記.1

カンボジア クラチエで楽しむドルフィンウォッチング

カンボジアに入国し、まずクラチエ(クラティエ)に向かったのは、何といってもメコン川で生息するイルカ(イラワジイルカ)たちを見に行くため・・・という方が多いのでは。クラチエの街を走るトゥクトゥクのドライバーは外国人観光客を見かけると、すぐに「ドルフィン、ドルフィン」と言って声をかけてきます。私自身はイ…
続きを読む
カンボジア旅日記.1

ロリュオス遺跡群は訪れる観光客が少ない穴場の遺跡

カンボジアを代表する観光都市シェムリアップ、この街に来る目的はアンコールワットやアンコールトムといったクメール王朝に築かれた巨大な遺跡群を拝観することでしょう。時間のない方ならば、そうしたアンコール中心部の遺跡群を見てこの地を去る方もいるでしょうし、大半の方は中心部の遺跡群に加え、アンコール東部に広…
続きを読む
カンボジア旅日記.1

圧倒的な美が迫るアンコール美術の至宝バンテアイ・スレイ

*この記事は、2012年4月に訪問したバンテアイスレイとバンテアイサムレに関する記事です。   シェムリアップに滞在してアンコールワットやバイヨン、タプロームなどのアンコール遺跡群を見学するうちに、いかに美しいレリーフやデヴァター(彫像)に触れたとしても特別な感慨が湧き起こりにくくなってく…
続きを読む
カンボジア旅日記.1

【2019年版】カンボジア トゥクトゥクの利用法と料金相場

カンボジア旅行ではお馴染みのトゥクトゥク、庶民ばかりではなく旅行者にとっても移動の足として重宝します。とくに、シェムリアップでの遺跡観光やプノンペンでの移動の足には欠かせないものですよね。しかし、日本国内ではこうした移動手段が一般的ではなく、とくに初めて利用する方にとっては不安がつきまといがち。そん…
続きを読む
つれづれ旅 東京滞在記 2018-2019

氷見線を巡る旅 2)海鮮とアニメと古民家の街、氷見を歩く

氷見線では"忍者ハットリくん"のペイントが施されたキハ40に乗車しましたが、なぜハットリくんがわざわざ描かれているのでしょうか。実は、氷見はあの藤子不二雄Ⓐ先生の出身地、最近はアニメの街として地域振興を企ているのです。もともと氷見は古い港町、氷見の寒ブリは全国にその名を轟かせたブリの一大ブランドです…
続きを読む
モンゴル旅行記

ウランバートルではこのゲストハウスを目指せ【2019年版】

今回は私の体験を含め、ウランバートルの格安ホテル&ゲストハウス事情を紹介します(こちらのページは2017年12月29日に公開したものを、2019年1月10日に加筆修正したものです)。   ロケーションと予算はどうする? ロケーションは、「ノミンデパート~スフバートル広場」に近い場所を選ぶの…
続きを読む
旅のノウハウ(テクニックとお金)

東南アジアで長期滞在する方法:ビザラン旅行2019年版

タイのビザラン事情【2019年版】 昨今、ビザランに対する規制が強まり、ビザなしでのタイ長期滞在が難しい状況となっております。では、最新のタイ・ビザラン事情を見ていきましょう。   一般的な観光の場合の、タイ長期滞在の方法 日本国籍保有者は、タイに入国した日から数えて30日間はビザなしで滞…
続きを読む
旅のノウハウ(テクニックとお金)

カンボジア旅の予算:旅行費用1日1000円以内は可能!

バックパッカー旅の予算カンボジア編です。カンボジアは非常に物価が安く、1日1000円程度の予算でも滞在が十分に可能です。たとえば、宿泊費は比較的広い個室でホットシャワー付きが1泊5ドル程度、飲んべえにとって重要なビール代は、オシャレなオープンバーでジョッキ1杯ドルと、とにかく安い。まっ、観光客の財布…
続きを読む
旅のノウハウ(テクニックとお金)

バックパッカー旅の予算 ラオスで快適1日1000円の旅

ラオスは東南アジアでもっともお金を使わずに旅行ができる国の1つです。観光など何もしなくても十分楽しめる上に、毎日が水シャワーなどの"苦行"をする必要もありません。1日1000円以内の出費で快適に過ごせるラオス、おススメです。   とりあえず、ラオスの基本情報から・・・は、やめておきます "…
続きを読む